5号機 (パチスロ)パチスロ
における5号機とは
パチスロにおける5号機(ごごうき)とは?




風俗営業等 の規制及び業務の適正化等に関する法律第20条に定めのあるところにより、国家公安委員会が定めた遊技機の 認定及 び型式の検定等に関する規則の2004年7月1日付改正以後に、保安電子通信技術協会(保通協 )によって行われる型式試験に申し込みを行い合格したパチスロ機を指す言葉である。

最初にホールデビューした機種はパロットの『CRP花月伝説R』(SANKYO、2005年)だが、通常のパチスロ機としては『新世紀エヴァンゲリオン』(ビスティ、2005年)が最初となる。



1).概要

4号機までと比較して全般的に時間当たりのコインの増減(特に増える方向)の波を穏やかにするため 通常時のコイン持ちが良い。特 にメインとなる小役 の出現率を設定によって変え、設定が良いほどコイン持ち(1000円単位 のゲーム数)が良くなっている機種が多い。またボーナス間にリプレイタイム機能やアシストタイム機能を採用することでコインの減り 具合 を緩和し、その間にボーナスが成立することによって連 チャンに似た感覚を遊技者に持たせることもある。また、短時間の差枚数 や連 チャンなど,出玉の面でのアピールの弱さをカバーする目的もあり、アニメなどとのタイアップ機や萌えスロが多く発売される傾向にある。また、液晶画面を搭載している機種ではボーナス時の単調さをカバーするために出玉には直接影響しない「ミニゲーム」を盛り込んでいるものも増えている。また、ボーナス時の液晶画面の演出などに設定による差をもたせて設定推測のヒントにしているものもある。

但し設定に関しては必ずしも従来の6段階とは限らない。

4号機のようなストック機能が認められなくなり、いわゆる天井で強制ボーナス放出がなくなったため、延々とボーナスを引けない 場合 も起こりうる。ただし、ボーナス成立が終了要件のRT機能などが付属している機種の場合 はそれによって逆に多くのコインを獲得できる場合もある。

後述のような仕様上の特性(完全確率 による抽選のみによってボーナスが当選する)から、4号機に比べて偏り(低設定 でも一時的に爆発するなど)が少なく、設定に沿った出玉を得やすい。4号機では機械割 の高い機種でも 低設定主体に高設定を数台という配置で前述のような「ストック放出の偏り」によって出玉感 を出すこともできたが、5号機の 場合は1日単位でも確率に収束しやすい。高設定 の機械割の高い『スパイダーマン2』(サミー)や『リングにかけろ1』(銀座)でも高設定 を使いにくいという側面もあり、低設定 はあからさまに出玉に反映するため、まだ4号機に比べて5号機の人気は低い。

2007年10月までにはすべての遊技場(パチンコ屋やパチスロ専門店 )に現存する4号機以前のパチスロ機がすべて5号機と入れ替えられる。しかし、4号機での『北斗の拳』→『北斗の拳SE』、『吉宗』→『押忍!番長 』『秘宝伝』への入れ替えのように一気に十台単位 で入れ替えるという傾向は見られず(4号機ジャグラーシリーズから『アイムジャグラーEX』への入れ替えは除く)、メーカーによっては4号機の 下取り、新たなリースプランの導入などで入れ替えにかかる経費を押 さえることで入れ替えを促進しているにもかかわらず数台ずつ導入していく店がほとんどである。また、店によってはシマを改造してパチンコ台に入れ替えたり、ベニヤ板で台の入っていた場所をふさいで 総台数を減らすところもある。4号機人気によってパチスロ専門店 として改装、開店した店が再びパチンコとの併設店 に戻ったり、廃業をするものも多い。


2).主な仕様上の特徴

試射試験

機械試打では従来同様ランダムにボタンを押してリールを止めるフリー打ちによる試打に加え、「成立役 が全て入賞した」という前提でのシミュレーションを行い、双方の結果が後述の出玉率以下 であることを要求する。(4号機における、リプレイはずし・アシストタイム(AT)等の技術介入による 機械割 の上昇を防ぐ狙い。しかし新たにリプパンはずし等の手法が登場している。また、例 えばチェリー絵柄を色別に2~3カ所に設定し、通常時 は成立しても取 りこぼしが避けられない小役を告知して取りこぼしなく入賞させることが出来るATも採用されている)

出玉率

4号機の17,500Gで55%~120%未満に加え、5号機では400Gで300%未満、6000Gで150%未満という制約が追加された。

ボーナス

払出し枚数固定方式となった。最大465枚以下 の既定枚数を超える払出しで終了するため、最大払出し枚数は480枚となる。CT機能を持つものについてはさらに最大払出し枚数が360枚以下 でなければならない。4号機間までのBIG=小役ゲーム+REGボーナスという概念はなくなった。またボーナス 入賞時の払出しは無し。 そのため4号機でのボーナスは最小限の純増枚数 が決まっていて技術介入でそこから増やすという考え方(REGではほぼ純増枚数は一定)から成立した 小役は全て取るというものだったが、5号機では最大限の純増枚数から減らさない(REGも同様)ために,メイン 役以外の役をはずしたり,何回かとってあとははずす、という考え方になった。 なお、機種によってはボーナスを常時1・2枚がけで行うことによって通常時(3枚掛け)と小役 の払い出し枚数を変化させ、獲得枚数をほぼ一定にしたり、常時3枚掛 けのときよりも獲得枚数が増えるようにしている。また、有効ラインによるボーナス確率 の制限がなくなった。
 
CT(チャレンジタイム)
 
規定上は2種BBに分類され、特定役 の入賞を契機に発動する。いずれかのリールの制御が変わり(多くは左リールが1コマまでのスベリ、『超お父さん』(SNKプレイモア)のような 例外もあり)、特定の箇所を狙うことで総獲得枚数を増やすことができる場合がある。253枚以下 の規定枚数を超える払出しで終了するため、最大払出し枚数は268枚となる。5号機以前にもCTは存在したが名称が同じだけでシステムは異なる。

役物比率

ボーナスによる払出し枚数と非ボーナス時の払出し枚数の比率による規制。CT機能を持たないものは、ボーナスによる払出しが6割未満。CT機能を持つものはボーナスによる払出しが7割未満。

リール絵柄と演出

絵柄は10種類まで可能。演出面では消灯、点滅、リール前面での演出、バウンドストップが禁止。

リール制御

1つのフラグに1本しか制御をもてないため、抽選により異なる制御をとることが出来ない。成立役は最大限引き込まなければならないため、揃わない制御によって取りこぼすといったことが出来ない。また、フラグが成立しているボーナス絵柄をチェリーをはずすために枠外に落とすといったリール制御もできないため、リール配列にも制約が生じている。なお、自動停止した場合には入賞が禁止されているが、既にプレイヤーが停止させたリールにチェリーが出現している場合はどのように停止させてもチェリーの入賞を防ぐことはできないため、入賞禁止の対象とはならない。

重複当選

ボーナスと小役もしくは、小役と小役の重複当選が可能。例えばチェリーとBIGボーナスが重複当選する仕様の場合、チェリー入賞後に期待感が持てるといった演出面でのメリットがある。重複当選の場合の優先度は「小役<ボーナス<リプレイ」となっており、小役との同時抽選時はボーナスが優先され、リプレイとの同時抽選時(『南国娘』(オリンピア)、『アクアビーナス』(平和)など)はリプレイが優先して揃う。また、RTにもこの制御が利用される。

絵柄とフラグの関係

1つのフラグと1つの入賞図柄が1対1に対応する。例えば、赤7を揃えることができるフラグと青7を揃えることができるフラグはそれぞれ異なるフラグとなる。ただし小役については、4号機までと同じく1つのフラグごとに複数の図柄が対応しているように見える機種も存在するが、これは図柄の組み合わせ1つずつに別のフラグが存在し、それらを常に重複フラグにするという手段によって実現させているものであり、4号機までのように複数の小役で1つのフラグを共用しているのではない。

内部方式

ストック機能(2個以上のボーナスフラグストック)は認められない。アシストタイム(AT)は禁止されてはいないが、4号機で見られた「高確率で成立する小役のアシスト」は、前述の試射試験に抵触するため事実上搭載できない。よって、例えば同時にフォローできない2種類のチェリーのどちらが成立しているかを指示するようなATや、RTと組み合わせてのARTであれば実装可能である。(前者は『ゴルゴ13 ザ・プロフェッショナル』(HEIWA BROS.)など、後者は『怪胴王』(アリストクラート)などの実装例がある)