パチスロ 5号機特集(4) 


 
5号機(図柄:9) 4号機(図柄:7)
図柄は今まで7種類までしか搭載できなかったんだけど、5号機からは10種類まで搭載しても良いことになったの。図柄 の数が増えれば、ゲーム性の幅は広がる可能性があるわ。10種類の異なる役が作れるわけだから、ビッグボーナス、レギュラーボーナスの他に、RT図柄 を搭載すれば、突然RTに突入したり、それも“50GのRT”、“100GのRT”といったように複数搭載することも可能になるわよ。
それから、これまでは「ボーナス図柄 は実確率の±30%以内まで」という規制があったから、だいたい3リール合わせて6通りの組み合わせまでしか配置できなかったけど、この規制が撤廃されたことで、かなり自由度が高まると言えるんじゃないかしら。


【訂正】
「ボーナス図柄は実確率の±30%以内まで」という規制が撤廃されたことによって、ボーナス確率を自由に設定することが出来ます。

【補足】
4号機(A-5ライン)のボーナス抽選確率の制限・・・1/237.5~1/441

1リールに21図柄配置されている場合、全図柄の組み合わせは9261通り(21×21×21)。
そのうちBB図柄は1/1500までなので、9261÷1500=6.174。
5ライン機なので、6.174×5=30通り。
つまり、30/9261=1/308.7の±30%は、
1/237.5(-30%)≧1/308.7≧1/441(+30%)
となります。

 
前兆演出や連続演出はストック機ならではの演出だと思っている人も多いと思うけど、5号機でも可能よ。複数のビッグ図柄 を搭載していた場合、それぞれが単独抽選、別フラグと考えるから、数ゲーム間、ボーナス入賞か否かの期待感が持てる仕組みになっているの。つまり、「新世紀エヴァンゲリオン」のように、ビッグボーナス 図柄として「赤7」「青7」「黄7」の3種類を用意していた場合、従来であれば、どの図柄 の3つ揃いでもボーナス入賞が認められていたけど、この5号機からはそれぞれ別の役になっているの。だから偶然揃 えない限りは、告知が起こるまでどのボーナスに当選しているのかわからないでしょ。この時間帯を利用 して連続演出を発生させて、ボーナス成立の期待感を演出しているの。

 
リールの消灯や点滅は、リール停止時以外はNGとなるの。意図的に図柄 の認識を変えてはいけないということね。つまり、バックライトで図柄 を透過させて目押しを補助したり、リールの前面で演出を行うといった演出は図柄の認識を変えてしまうから、今後登場 するかどうかは微妙なところね。

 
5号機では、BBやRBに入賞すると15枚の払い出しがあったと思うけど、今後はボーナス図柄 の入賞による払い出しは禁止になったから、もし最後の3枚でボーナスに入賞しても、新たにコインを借りて投入しなければならないから、この点ではちょっと辛いわね。

 

一定時間経つと、自動で停止していたリールだけど、5号機では、リールのから回しをした場合 、電源を切らない限り、永遠に止まりません。なので、トイレや休憩で席を外す時にレバーを叩いていくのはやめて下さいね。

【訂正】
規則で禁止されているわけではありませんが、プレイヤーの任意とは関係ない自動停止によって、なんらかの役が入賞することが保通協 で問題となっているため、「新世紀エヴァンゲリオン」ではリールは止まりません。今後、自動停止OKの機械が登場する可能性も十分あり得ます

 

どうでもいいことですが、5号機からは下パネルを点滅させてもOKとなりました。4号機までダメだったっていうのが不思議なんですけど。

【訂正】
下パネルの点滅は4号機からもOK。
5号機からというわけではありません